LAVA~18世紀ナポリのアリア集

ナポリ楽派の素敵なオペラを味わえる

古学の音盤を集めた
「DHM-BOX」第2集には、
3枚のオペラ・アリア集が
収録されています。すでに
ヌリア・リアルによる
「ヘンデル・オペラ・アリア集」
アンナ・ボニタティブスによる
「ハイドン・オペラ・アリア集」
取り上げましたが、残る一枚が本盤
「18世紀ナポリのアリア集」です。

DHM-BOX2

BOX2 Disc27
「LAVA~18世紀ナポリのアリア集」

BOX2 Disc27

ペルゴレージ:
 歌劇「オリンピアーデ」より
 「Tu me da me dividi」
ポルポラ:
 歌劇「ルチオ・パピーリオ」より
 「Morte amara」
 歌劇「フラヴィオ・アニチオ・
 オリブリオ」より
 「Se non dovesse il pie」
ヴィンチ:
 歌劇「アルタセルセ」より
 「Fra cento affanni e cento」
レオ:
 歌劇「イル・デメトリオ」より
 「Manca sollecita」
ハッセ:
 歌劇「ヴィリアーテ」より
 「Come nave in mezzo all’onde」
ペルゴレージ:
 歌劇「シリアのハドリアヌス帝」より
 「Lieto cosi talvolta」
ハッセ:
 歌劇「アンティゴネー」より
 「Perche, se tanti siete」
ヴィンチ:
 歌劇「アルタセルセ」より
 「No che non ha la sorte…
 Vo solcando un mar crudele」
ポルポラ:
 歌劇「ルチオ・パピーリオ」より
 「Tocco il porto」
ハッセ:
 歌劇「捨てられたディドーネ」より
 「Tu dici ch’io non speri…
 L’augelletto in lacci stretto」
ペルゴレージ:
 歌劇「オリンピアーデ」より
 「Mentre dormi amor fomenti」

ジモーネ・ケルメス(S)
レ・ムジケ・ノーヴェ
クラウディオ・オゼーレ(ディレクター)
録音:2008年

18世紀にナポリを中心にして、
オペラの形式に大きな足跡を残した
楽派「ナポリ楽派」。
その前期にあたる18世紀前半の
作曲家たちの曲が集められています。

第一曲、中盤、そして最終曲を、
もっとも有名な
ペルゴレージ(1710-36)で
押さえています。しかし
演奏機会の多い「奥様女中」を避け、
「オリンピアーデ」
「シリアのハドリアヌス帝」を
取り上げるなど、新しい音楽の
発掘が試みられています。
1曲目「オリンピアーデ」からのアリアは
劇的な音楽であり、
アルバムタイトル「LAVA」
(「溶岩」の意味)そのものといえます。
中盤7曲目「ハドリアヌス帝」は、
オーボエとの掛け合いが展開する
聴き応えのある曲です。
最終曲で再び「オリンピアーデ」が
登場しますが、
こちらは激しさの中にも安らぎが
見いだせるような曲であり、
このアルバムの締めくくりにふさわしい
曲調となっています。

続く第2曲、第3曲、第10曲の
3曲を占めているのが
ポルポラ(1686-1768)です。
ヘンデルのライバルと言われていた
作曲家であり、以前、当サイトでも
ヘンデルとポルポラの作品を
収録した音盤
「決闘!ポルポラ対ヘンデル」
取り上げています。
2曲目の
「ルチオ・パピーリオ」からのアリアは、
冒頭の旋律の美しさに心を奪われます。
3曲目「フラヴィオ…」は、
ガラス細工のような
美しさに満ちています。
この2曲は、ペルゴレージに比べ、
繊細さが感じられる作品ですが、
10曲目「ルチオ・パピーリオ」の
もう一つのアリアでは、
華やかさが加わり、高い技巧も
要求される音楽となっています。

第4、9曲には
レオナルド・ヴィンチ(1690-1730)
(ダ・ヴィンチではない!)の
「アルタセルセ」からのアリア2曲が
配置されています。
どちらも感情の激しい表出が
感じられるアリアです。
「アルタセルセ」の脚本自体が
王殺しという
シリアスな内容を含むドラマですので、
このアリアが
劇的であるのもうなずけます。

5曲目「イル・デメトリオ」は
レオ(1694-1744)の作品です。
他の作品とは異なり、
穏やかな曲調(中盤で激しさを
感じさせる一節が現れるが)で、
心に染み入るような情緒溢れる旋律の
アリアとなっています。
ここだけを繰り返し聴いてしまいます。

第6、8、11曲は
ハッセ(1699-1783)の作品です。
このヨハン・アドルフ・ハッセなる
作曲家だけは、
イタリア人ではなくドイツ人です。
最初に創ったオペラがヒットし、
イタリアに渡ることとなり、
ナポリで活躍しました。
6曲目「ヴィリアーテ」からのアリアは、
のちのモーツァルトの
「夜の女王のアリア」にも似た
コロラトゥーラ(細かく速い音符の
連なりを用いて装飾を施し、
まるで声を転がすように歌う技法)が
用いられ、
技巧的な面白さを感じさせます。
8曲目「アンティゴネー」、そして
11曲目「捨てられたディドーネ」も
感情を激しく吐露したような音楽です。

created by Rinker
¥1,496 (2024/02/27 09:16:44時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

ソプラノのジモーネ・ケルメスは、
これら技巧を要求されるアリアを、
実に表情豊かに再現しています。
劇的な激しさを必要とする場面も、
静かで繊細さを求められる旋律も、
すべて的確に表現しているように
感じられます。
声の美しさでは他のソプラノ歌手に
一歩譲るにしても、
その技巧の高さや表現力では
群を抜いている歌手であることに
間違いはありません。

実は私は、単独の盤で
オペラ・アリア集の音盤を
購入したことがありません。
こうしたBOXでは、
普段聴くことのないジャンルの魅力に
気づかされることが多く、
新しい音楽との
出会いの場となっています。
本盤でも、
ナポリ楽派の作曲家たちの素敵な音楽、
そしてジモーネ・ケルメスという
魅力ある歌手と
出会うことができました。
やはり、音盤は愉し、です。

〔本盤に収録されている作曲家〕
ポルポラ(1686-1768)
ヴィンチ(1690-1730)
レオ(1694-1744)
ハッセ(1699-1783)
ペルゴレージ(1710-36)

LAVA

〔本盤収録曲の全曲盤について〕
こうして聴き応えのあるアリアを
聴いてしまうと、ついオペラ全曲盤が
欲しくなってしまいます。
ところが全曲盤の録音は
決して多くはありません。
以下のものが見つかりました。

ペルゴレージ「オリンピアーデ」

created by Rinker
¥3,048 (2024/02/27 09:16:45時点 Amazon調べ-詳細)

ペルゴレージ「シリアのハドリアヌス帝」

created by Rinker
Decca *cl*
¥10,395 (2024/02/27 09:16:46時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィンチ「アルタセルセ」

ハッセ「捨てられたディドーネ」

created by Rinker
¥2,552 (2024/02/27 09:16:48時点 Amazon調べ-詳細)

実は本盤の収録作品は、
かなりマニアックな作品であり、
その多くが世界初録音なのだとか。
やはり素敵な一枚です。

(2023.6.3)

【ポルポラの音盤はいかがですか】

created by Rinker
¥2,192 (2024/02/27 09:16:49時点 Amazon調べ-詳細)

【レオの音盤はいかがですか】

created by Rinker
Brilliant Classics *
¥2,514 (2024/02/27 09:16:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,411 (2024/02/27 09:16:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Bongiovanni
¥6,412 (2024/02/27 09:16:51時点 Amazon調べ-詳細)

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな音盤はいかがですか】

created by Rinker
¥2,222 (2024/02/27 05:13:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Warner Music Japan = foreign music=
¥1,962 (2024/02/27 08:48:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,395 (2024/02/26 19:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す