ほどほどの刺戟と十分な美しさ、ゴルツの「四季」

分厚い通奏低音とオマケのソネット朗読

ヴィヴァルディ「四季」といえば、
すでに「通俗名曲」となり、
もう聴かなくてもいいのではとの思いも
湧いてきます。
しかし、まだこんな素敵な演奏が
隠れていたなんて。
「DHM-BOX」第1集に収録された
フライブルク・バロック管と
ザ・ハープ・コンソートによる録音です。

DHM-BOX1

フライブルク・バロック・オーケストラ
&ザ・ハープ・コンソート
ヴィヴァルディ:四季

ヴィヴァルディ:四季

ヴィヴァルディ
 ヴァイオリン協奏曲集
   「和声と創意の試み」Op.8より
  第1番ホ長調 RV269「春」
  第2番ト短調 RV315「夏」
  第3番ヘ長調 RV293「秋」
  第4番ヘ短調 RV297「冬」
  第5番 変ホ長調 RV253「海の嵐」
  第6番 ハ長調 RV180「喜び」
 「四季」へのソネット朗読

ゴットフリート・フォン・デル・ゴルツ
(指揮&Vn)
フライブルク・バロック・オーケストラ
アンドリュー・ローレンス=キング
(ハープ&指揮)
ザ・ハープ・コンソート
録音:1996年

誰もが知っているように、
「四季」はそれぞれ
春・夏・秋・冬と題された
4つの協奏曲から成り立っています。
この4曲は、独奏ヴァイオリンのほか、
第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、
ヴィオラ、通奏低音からなる
オーケストラのために書かれた
協奏曲です。
通奏低音のパートは
他のパートのように特定の楽器が
指定されていないため、
チェロやコントラバスといった
低音弦楽器のほか、
ファゴット、チェンバロ、オルガン、
リュート、ギターなどで
演奏することが可能となっています。

1660 Vivaldi

本盤の特徴の一つは、
この通奏低音が分厚いことです。
フライブルク・バロック管だけでなく、
ハープ・コンソートが参加し、さらには
アンドリュー・ローレンス=キングの
ハープまで加わり、場面に応じて
多種多様な彩りを添えるという
これまでになかった演出が
なされているのです。通奏低音奏を
これだけ贅沢に盛り込んだ演奏は
他に例を見ないはずです。

そのため、ともすれば
とげとげしい演奏になることもある
古楽器演奏に、
まろやかな美しさが
加わっているのです。

もちろん、古楽器演奏団体として、
清冽で爽快な演奏であることは
間違いありません。
ところどころではっとさせられる
フレーズも数多く登場します。
しかし決してせかせかした
演奏ではないのです。
激しいところは激しく、
緩やかなところは十分に美しく、
豊かな表現力に満ちあふれた
演奏となっているのです。
本録音を一言で表現するなら
「ほどほどの刺戟と十分な美しさ」という
ことになるでしょう。

created by Rinker
¥564 (2024/02/28 22:27:44時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

さて、「四季」で興味深いのは、
各楽章において
四季折々の様々な情景を表す
ソネットと呼ばれる詩が
付けられていることです。
「四季」の音楽は、それらの情景を
描写している作品なのです。

本盤のもう一つの特徴は、
このソネット朗読が、
全6曲演奏のあとに
附されているということです。
もちろん私はイタリア語を聴いて
理解できるわけではありませんが、
その朗読も巧みな表現が成されていて、
その語り口から
それとなく情景が浮かんでくるのです。
なかなか気の利いた「オマケ」です。

created by Rinker
¥3,039 (2024/02/28 22:27:45時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

録音は1996年。本盤が登場してから
すでに四半世紀が過ぎていたのです。
この素敵な録音に
気づかないまま過ごしていたなんて。
もはや「四季」を
通俗名曲などといっていられません。
まだまだ隠れた名録音が
あるかも知れないのですから。
やはり、音盤は愉し、です。

(2023.2.18)

【関連記事:ヴィヴァルディ「四季」】

【「四季」の音盤はいかがですか】

created by Rinker
E1 Music
¥3,669 (2024/02/28 22:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

【関連記事:DHM-BOX第1集】

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな音盤はいかがですか】

created by Rinker
¥1,500 (2024/02/28 18:09:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す