ペニー・メリメント~17世紀英国のストリート・ソング

これは17世紀のビートルズだ

17世紀はバロック音楽の時代です。
しかし、その時代の音楽は必ずしも
ヴィヴァルディやバッハや
ヘンデルだけではないのです。
それらは主に王侯貴族のものであって、
一般庶民の音楽体験に
資するものではなかったはずです。
むしろ市井の人々にとっての「音楽」とは
このようなものだったのでしょう。

ペニー・メリメント
~17世紀英国のストリート・ソング

Penny Merriments

廷臣たちの健康、
 または時代の陽気な男子たち
田舎の少女
交わる恋人、または良い不幸
田舎者の喜び
まれにこぎれい
ジョン・トムソンと
 妻ジェイカマンの陽気な戯れ
ロンドンの7人の陽気な女房たち、
 またはゴシップの種
古いイングランドは新しくなった
独身男への良い忠告、
 または若い娘の口説き方
ネプチューンの激しい怒り
北の国の恋人たち
ばかげた恋人
踊りの没落
聖人が罪人に変わった
無敵艦隊についての古い歌
女性司令官
灰に包まれたロンドンの悲しみ
有名な鼠とり屋

(演奏)ザ・シティ・ウェイツ
録音:2004年

歌、歌、歌。
立派な歌ではありません。
その辺にいるおじさんやお兄さんが
ほろ酔い加減で歌っているような、
あるいは田舎娘が恥ずかしげもなく
野原で歌っているような、
そんな歌が続きます。

created by Rinker
¥740 (2024/02/24 02:36:32時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

5曲目「まれにこぎれい」はギターと
ヴァイオリンの伴奏でしょうか、
酒場女が酔客に歌っているような
叙情性ある歌は、
どことなく70年代の歌謡曲のようです。
6曲目「ジョン・トムソンと―」には、
まさに「陽気な夫婦の戯れ」が
感じられます。

興味深かったのは8曲目
「古いイングランドは―」です。
旋律はまるで「グリーンスリーヴス」。
解説の英語を読み解く気がない
(能力もない)のでわかりませんが、
何か関連があるのかもしれません。

created by Rinker
¥3,173 (2024/02/24 02:36:33時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

10曲目「ネプチューンの激しい怒り」は、
タイトルとはまったく逆で、
男女数名の楽しそうなアカペラが
続きます。
まるで誕生日かクリスマスを
祝っているかのようです。
そうかと思えば
12曲目「ばかげた恋人」は、
失恋した男が自らの傷心を歌ったような
70年代フォークソングの趣があります。

Street Songs 17th Cty England

収録時間約70分、一通り聴き通すと
なんとも愉快な気持ちになります。
これこそ庶民の音楽であり
カルチャーだったのでしょう。
音楽という人間の感覚にとって
切り離せないものが、
教会や王侯貴族の間からのみ
発生したはずがありません。
庶民の間からも自然発生的に
音楽は湧き上がり、
進化してきたという当たり前のことを
再確認させられます。
もはやクラシック音楽という感覚で
受け止めることはできません。
帯に書かれている日本語案内には
「当世日本ならさしずめ
J-POPということになりましょう」と
ありますが、イギリスですから
「17世紀のビートルズ」と
表現すべきでしょう。

それにしてもこの愉快なアンサンブル
The City Waites」は
どのような団体か、気になります。
英文のブックレットには
次のような表記があります。
Singers:
Lucie Skeaping(S)
Douglas Wootton(T)
Richard Wistreich(Br)
Instrumentalists:
Robin Jeffrey(lute,theorbo,g)
Michael Brain(recorder)
Roderick Skeaping(fiddle,bass viol)
Nicholas Perry(bagpipes)
楽器編成を見る限り、
やはり純粋なクラシックの
アンサンブルではなさそうです。
試しにCDを検索してみたら、
以下のようなものが出てきました。

Bawdy Ballads of Old England
こちらの邦題は何と
「昔のイングランドのお下劣バラード」。
本盤以上に楽しそうです。

created by Rinker
¥1,600 (2024/02/24 02:36:34時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

The English Tradition:
400 Years of Music & Song

Pills to Purge Melancholy

created by Rinker
¥1,600 (2024/02/24 02:36:35時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

Treasury of Georgian Music

YouTubeでも次のような動画が
見つかりました。

Lucie Skeaping and The City Waites
The City Waites – Old England

さて、本盤は実は2005年の発売当初に
何を思ったか購入し、数回聴いたきり、
CD棚の奥底で十数年眠っていた
CDなのです。
先日発見し、古楽の棚に収納しました。
ネットで新しい盤を探すのも
愉しいのですが、
自宅の至る所に散らばっている
(散らかっているのではない)盤を
再発見するのも愉しいものです。
やはり、音盤は愉し、です。

〔関連記事:バロック音楽〕

〔関連記事:NAXOSの素敵なCD〕

(2022.12.11)

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんなCDはいかがですか】

created by Rinker
¥1,820 (2024/02/24 00:22:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,492 (2024/02/24 02:36:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,449 (2024/02/24 02:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す