マンロウ「ゴシック期の音楽」

瑞々しいまでの生命感に溢れています

グレゴリオ聖歌からつながる、
音楽史の源流ともいえる
12世紀から14世紀末までの音楽を
集めたCDです。
単にこの時代の音楽史を
俯瞰しただけでなく、
演奏そのものが素晴らしい
貴重な記録です。
原曲の姿が忠実に再現されるとともに、
瑞々しいまでの生命感に溢れています。

ゴシック期の音楽
MUSIC OF THE GOTHIC ERA

MUSIC OF THE GOTHIC ERA

Ⅰ ノートル・ダム楽派
  (1160頃-1250)
レオニヌス(レオナン):
 地上のすべての国々は
 アレルヤ、われら過越の羊
 乙女マリア、喜び給え
 この所を
ペロティヌス(ペロタン):
 地上のすべての国々は
 かしらたちは集まりて

Ⅱ アルス・アンティクヮ
  (1250頃-1320)
作曲者不詳:
 アレルヤもてほめ歌え
 いま愛は嘆く
 誰かが私を見てるかどうか
 苦難の海で
 おまえさん達、口を開けば
 五月、バラの花が咲きほこり
 支配者なる主よ
 五月には、つぐみが歌い
 おお限りなくやさしき乙女マリアよ
 ホケトゥスⅠ-Ⅶ
ペトルス・デ・クルーチェ:
 ある人たちは習慣的に歌を創るが
アダン・ド・ラ・アル:
 私の感じる甘き苦悩は
 旦那の前で奥方様に
作曲者不詳:
 フォーヴェルの家の子郎党は

Ⅲ アルス・ノヴァ
  (1320頃-1400)
作曲者不詳:
 曇りなきグラスに
 キリストの家を思う熱心が
 あたかも奉仕が
フィリップ・ド・ヴィトリ:
 恥知らずにも歩きまわった
 ネブカデネザルの像のもと
ベルナール・ド・クリュニー:
 パンテオンは打ち壊され
作曲者不詳:
 カタカタコットン、ある朝ロバンは
アンリ・ジル・ド・ピジュー:
 髪もてるイダ
 ラケル子らを嘆く
作曲者不詳:
 丘の楡の木のそばを
 おおフィリップ
 フェーブスは地から昇り
ギョーム・ド・マショー:
 この苦しみ!どうして忘れられよう
 運命女神の約束に
 ダヴィデのホケトゥス
 光にして日なるキリストよ
作曲者不詳:
 巧妙な術策で世を渡る者の
 荒地の深い森へ
フィリップ・ロワイヤール:
 シャルル王、ジャンの息子

ロンドン古楽コンソート
デイヴィッド・マンロウ(指揮)
ジェームズ・ボーマン(C-T)
チャールズ・ブレット(C-T)
デイヴィッド・ジェームズ(C-T)
ロジャース・カヴィ=クランプ(T)
ポール・エリオット(T)
マーティン・ヒル(T)
ジョン・ニクソン(T)
ジョン・ポーター(T)
ジョフリー・ショウ(Bs)
録音:1975年

この時代の音楽を理解しやすいように、
本アルバムは
3つの部分に分かれています。
 1 ノートル・ダム学派
 2 アルス・アンティクヮ
 3 アルス・ノヴァ

本日の盤の音楽史上の位置づけ

グレゴリオ聖歌に
新しく別の声部を付け加え、
それと重ね合わせ、
複数のパートで歌う音楽を、
「オルガヌム」といいます。
このオルガヌムは、12世紀末ごろに
発展の頂点に達するのですが、
その絶頂期に活躍したのが
「ノートルダム楽派」といわれる
団体です。
その中心的な人物が以下の二人です。
 レオニヌス(1150頃-1201)
 ペロティヌス(生没年未詳)

本盤も両者の作品を収録しています。

created by Rinker
¥1,459 (2024/02/28 04:28:34時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

これらの音楽は、私などには
異世界の音楽のように聞こえてきます。
「音楽」に対する考え方が、今日とは
根本的なところで異なるのでしょう。
音楽学者の岡田暁生氏は、
著書「西洋音楽史」において、
レオニヌスやペロティヌスの
音楽の背後にあるものを
「神の国の秩序を音で模倣する」といった
意図ではなかったかと
推測していますが、
本盤を聴くと、それが納得できます。

created by Rinker
Used Item
¥737 (2024/02/28 10:08:00時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

その後の中世音楽について、
13世紀後半から14世紀初頭を
「アルス・カンティクヮ」、
それ以降14世紀末までを
「アルス・ノヴァ」の時代といいます。
「アルス・カンティクヮ」とは「古い技法」、
「アルス・ノヴァ」は「新しい技法」の
意味ですが、そこで大きく
刷新が図られたわけではなく、
便宜上の呼び方と考えるべきでしょう。
この時代、
つまり中世後半の時代の中心は、
「オルガヌム」から派生した
「モテット」というジャンルです。

created by Rinker
Dg Archiv Blue
¥2,280 (2024/02/28 22:06:42時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

「モテット」とは、
グレゴリオ聖歌(この頃には
もう聖歌とはわからない音階へと
変化していた)を低音に置き、
2声の旋律をのせるという、
3声スタイルの音楽です。
さらに歌詞がラテン語ではなく
フランス語となり、
これによって音楽は
教会のものから民衆のものへ、
神に捧げるものから
人間の楽しむものへと、
変化を遂げたのです。
本盤を聴き通すと、
そのあたりの事情がよく理解できます。

アルス・カンティクヮの時代について、
本盤では以下の作曲家の作品を
取り上げています。
 ペトルス・デ・クルーチェ
  (生没年不詳)
 アダン・ド・ラ・アル(1240cー1300c)

また、
アルス・ノヴァの時代については、
本盤では以下の作曲家の作品を
取り上げています。
 フィリップ・ド・ヴィトリ
  (1291-1361)
 ベルナール・ド・クリュニー
  (生没年不詳)
 アンリ・ジル・ド・ピジュー
  (生没年不詳)
 ギョーム・ド・マショー
  (1300c-1377)
 フィリップ・ロワイヤール(不明)

この中で特に重要な人物は
ヴィトリとマショーの二人になります。
14世紀末は、
十字軍の度重なる失敗による
教会の権威の低下に加え、
ペストの大流行など
暗鬱な空気が覆っていた時代です。
その空気を吹き飛ばすような
生命力に満ちた音楽が
展開するのですが、それは
ルネサンスへとつながっていくのです。

created by Rinker
秋田県醗酵工業
¥1,960 (2024/02/28 21:06:23時点 Amazon調べ-詳細)
当盤鑑賞に最適のSAKE

さて、この貴重な音盤を創り上げた
デイヴィッド・マンロウは、
イギリス生まれの古学研究家です。
本盤録音は1975年。
この当時は中世の音楽など
未知の世界であり、
「楽譜らしきもの」から手探りで
「音楽」を実体化していく
作業であったのです。
古楽の初期段階の演奏には
学究に走るあまりに無味乾燥なものが
少なからず見受けられる中、
マンロウは音楽の躍動感や表情、
楽しさといったものを
最大限に引き出した
希有な演奏家であり研究者なのです。
1976年、わずか33歳で夭逝した
マンロウにとって、本盤は最大の、
そして最後の研究成果となりました。

かなり以前から注目していた盤ですが、
実は最近ようやく入手できました。
正体不明な中世の音楽の姿を、
本盤を通じておぼろげながらも
捉えることができました。
やはり、音盤は愉し、です。

〔関連記事:中世の音楽〕

〔マンロウのCD〕

created by Rinker
¥2,818 (2024/02/28 22:00:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,867 (2024/02/28 10:08:03時点 Amazon調べ-詳細)

〔中世の音楽のCD〕

created by Rinker
Membran Wallet
¥3,510 (2024/02/28 22:00:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,178 (2024/02/28 22:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

(2022.11.6)

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんなCDはいかがですか】

created by Rinker
Dhm
¥980 (2024/02/28 20:33:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,817 (2024/02/28 22:06:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す